月~金 9:30~12:30/16:00~20:00
土・祝 9:00~12:30/14:00~17:00

休診日:水曜・日曜

  1. ホーム > 
  2. 最新情報 > 
  3. 健康コラム  > 
  4. 暑さが増してきました...

暑さが増してきました!熱中症対策が痛みの予防に!

2024.06.14

熱中症対策で痛みを予防!

京都府宇治市では、梅雨に入る間際にもかかわらず、夏本番が近づくように気温がどんどん上昇してきました。

こんな季節に気を付けなければならないのが、熱中症です。

特に今年の夏は例年以上に暑くなる予報が出ています。

熱中症は誰にでも起こり得る危険な症状ですので、しっかりと対策をして健康を保ちましょう。

また、暑さは身体を疲弊させる要因の一つです。

痛みの治療を行なっている方は、季節の変わり目によってぎっくり腰寝違えなど、急性症状が起こることが多々あります。

熱中症対策を行うことは、痛みの予防にもなります、

今回は、熱中症対策について詳しくご紹介しますので、対策を行い、予防を心がけていきましょう。

熱中症とは?

熱中症は、高温多湿な環境で長時間過ごすことにより、体の温度調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもってしまう状態を指します。

症状は軽度のものから重度のものまでさまざまです。

軽度のものではめまいや大量の発汗、重度のものでは意識障害やけいれんなどが起こります。

熱中症の症状

以下のような症状に注意しましょう。

 

 

1. めまいや立ちくらみ。

2. 頭痛や吐き気。

3. 大量の汗をかくが、皮膚は冷たくて湿っている。

4. 筋肉のけいれん。

5. 重度の疲労感や虚脱感。

6. 意識の混濁や意識喪失。

 

 

これらの症状が現れた場合は、すぐに涼しい場所へ移動し、水分補給を行ってください。

熱中症対策のポイント

1. こまめに水分補給をする

水分補給は熱中症対策の基本です。特に、汗をかくことで体内の水分と塩分が失われるため、ただの水だけでなく、スポーツドリンクや経口補水液を摂取することが効果的です。

 

2. 適切な服装を心掛ける

軽くて通気性の良い服装を選び、直射日光を避けるようにしましょう。また、帽子や日傘を利用して、できるだけ体に熱がこもらないようにすることが重要です。

 

3. 暑い時間帯の外出を避ける

特に気温が高くなる午前10時から午後3時の間は、できるだけ屋外での活動を控えるようにしましょう。どうしても外出しなければならない場合は、日陰を歩くなどの工夫をしてください。

 

4. 冷却グッズを利用する

冷却タオルや携帯用の扇風機、冷感スプレーなどを活用して、体を冷やすようにしましょう。首や脇の下など、太い血管が通る部位を冷やすと効果的です。

 

5. 室内でも油断しない

室内にいるからといって安心してはいけません。エアコンや扇風機を適切に使用し、室温が高くなりすぎないように注意しましょう。また、定期的に換気を行い、新鮮な空気を取り入れることも大切です。

まとめ

暑さが増すこれからの季節、熱中症は誰にでも起こり得る危険な症状です。

こまめな水分補給や適切な服装、冷却グッズの利用など、しっかりと対策を行い、健康に過ごしましょう。

また、暑さは身体を疲弊させ、自然治癒力を低下させます。

当院での治療を受けたあとは水分補給や、この記事で書いたような対策を取ることで、身体の痛みを早期改善できるように努めていきましょう。

皆さんが健康で快適な夏を過ごせるよう、心から願っています。

大久保院

伊勢田院