月~金 9:30~12:30/16:00~20:00
土・祝 9:00~12:30/14:00~17:00

休診日:水曜・日曜

  1. ホーム > 
  2. お悩みの症状 > 
  3. 腰の症状  > 
  4. 足の症状  > 
  5. 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

こんなお悩みはありませんか?

  • お尻から足にかけてしびれる
  • 腰を反らすと痛みが増す
  • 脊柱管狭窄症と病院で言われた
  • 手術を勧められたがやりたくない
  • 前屈みになったり休むと一時的に楽になる

目次

脊柱管狭窄症を根本改善する

まずは、原因究明から「問診と検査」

脊柱管狭窄症は、脊髄や神経が圧迫されることで、痛みやしびれ、筋力低下が生じる状態です。

主な原因は、加齢による椎間板の変性、椎間板ヘルニア、骨棘の形成、靭帯の肥厚、脊椎のずれなどです。

症状が現れたら早めの治療が重要です。

 

のぞみ整骨院グループは、安心の問診と独自の施術方法で、脊柱管狭窄症の早期改善かつ根本改善のサポートができる治療院です。

 

とくに、問診ではしっかりと患者様のお話に寄り添い、痛みの究明に努めます。

スタッフは痛みに関する専門知識を持った国家資格を有する者が担当しますのでご安心ください。

 

また、病院ではレントゲンやMRIといった機会による診断が主流ですが、当院では施術者による「手当て」を行います。

 

手当てとは、施術者1人あたり年間3000人以上を施術する経験と専門知識を持ったスタッフが、実際に患者様の身体に触れることで検査・施術し、患者様の訴えに耳を傾けることによって根本改善に導くことです。

脊柱管狭窄症は改善できる

脊柱管狭窄症の原因は、その名の通り狭窄(せまくなった)背骨にあります。

 

痛みの原因となっている神経が異常な状態となっていますが、人の本来もつ自然治癒力が働くと、正常な状態に戻ろうとします。

 

異常から正常に向かう自然治癒力を働かせる、これがのぞみ整骨院グループでできることです。

その方法こそ、当院が20年以上の歳月と経験によって醸成してきた、背骨・骨盤矯正となります。

 

背骨・骨盤矯正で脊柱管狭窄症を改善する

のぞみ整骨院グループの背骨・骨盤矯正の特徴は大きく3つあります。

詳しくはこちら▶︎背骨・骨盤矯正

 

背骨・骨盤矯正の3つの特徴

1. 即効性がある

2. 誰にでも受けやすい

3. 一度で多様な効果あり

 

1. 即効性がある

背骨・骨盤矯正に即効性がある理由は、背骨の自然復元力という力を用いるためです。

人間の骨格には、自然復元力と呼ばれる、「元の位置に戻ろうとする力」が備わっています。

その力を呼び起こすのが、当院の背骨・骨盤矯正です。

背骨・骨盤が整えば、神経の通りがよくなり、周りの筋肉への負担が激減します。

したがって、身体の骨格が歪んでいた場合、矯正をした瞬間からスッキリとした感覚、筋肉が緩んだ感覚が得られ、改善効果を実感できるのです。

 

2. 誰にでも受けやすい

大抵の場合、背骨・骨盤矯正=怖いというイメージがつきものです。

確かに、当院の矯正もダイナミックなアクションなので驚かれる方が多くいます。

ですが、のぞみ整骨院グループで矯正を受けた方々の反応は

「痛くない」「受けやすい」「もっと受けたい」

という方がほとんどです。

それは、いかに患者様が受けやすく楽になる矯正を施せるか、という考えを徹底し、熟練を重ねたスタッフが行うからです。

 

3. 一度で多様な効果あり

脊柱管狭窄症の改善方法としてご紹介していますが、背骨・骨盤矯正には多様な効果があり、それによって自然治癒力が増す施術方法と考えられています。

背骨・骨盤を矯正することで、骨格が整い、姿勢が良くなります。

姿勢が良くなるということは、身体に無理な負担がない状態、筋肉への負担がない状態、つまり身体の巡り、血液循環が良くなることにも繋がります。

血液循環が良くなれば、あらゆる病気や症状が改善しやすくなります。

それによって、自然治癒力が増し、病気の予防やその他の症状改善ができるのです。

 

背骨だけじゃない、脊柱管狭窄症の原因となる筋肉

脊柱管狭窄症の痛みの原因は、背骨だけではありません。

背骨の周りを支える「筋肉」にも原因が発生します。

脊柱管狭窄症による痛みの原因となる筋肉は、以下の通りです。

 

腰部の筋肉

腰方形筋

腰の深層に位置し、脊椎を安定させる役割を持つ筋肉です。脊柱管狭窄症による神経の圧迫が原因で、この筋肉に痛みが放散されることがあります。

 

大腰筋

腰椎から大腿骨にかけて走る筋肉で、股関節の屈曲を助けます。神経の圧迫によりこの筋肉が痛むことがあります。

 

脊柱起立筋群

脊椎の両側に沿って走る筋肉群で、姿勢の維持や脊椎の動きに関与します。これらの筋肉にも痛みが生じることがあります。

 

 

臀部の筋肉

大殿筋、中殿筋、小殿筋

これらの筋肉は臀部に位置し、股関節の動きや安定に重要な役割を果たします。脊柱管狭窄症による神経圧迫で臀部の痛みが発生することがあります。

 

 

下肢の筋肉

大腿四頭筋

大腿の前面にある筋肉群で、膝の伸展を助けます。神経の圧迫が大腿部に放散すると、この筋肉にも痛みが現れます。

 

ハムストリングス

大腿の後面にある筋肉群で、膝の屈曲を助けます。これらの筋肉にも痛みが広がることがあります。

 

腓腹筋とヒラメ筋

ふくらはぎにある筋肉で、足の底屈に関与します。脊柱管狭窄症による神経圧迫が原因で、ふくらはぎに痛みが生じることがあります。

 

原因の筋肉にアプローチ、トリガーポイント治療

前述した筋肉は、脊柱管狭窄症による痛みで緊張し続けた状態となります。

筋肉が緊張し続けると、いわゆるコリが発生し、それが痛みの原因となることがあります。

そのコリをほぐすことが痛みの改善につながります。

のぞみ整骨院グループでは、筋肉のコリを的確に捉えてアプローチする、トリガーポイント治療を行います。

トリガーポイント治療は、マッサージ、鍼、ハイボルテージの3種類の施術方法を状況に合わせて使い分けています。

浅い筋肉や深い筋肉、痛みの原因となるポイントを直接アプローチすることで、痛みの早期改善、自然治癒力の向上につながります。

脊柱管狭窄症の治療期間と回数

治療期間:4週間

治療回数:10回

 

この期間と回数はあくまで目安です。

患者様の症状や生活環境によって改善スピードは異なります。

痛みをできるだけ早く和らげるためには、はじめは詰めて来院していただく必要もあります。

来院頻度はご相談に応じますので、カウンセリング時に一緒に治療計画を立てていきましょう。

本記事の文責

小川由智

三重県志摩市出身
米田柔整専門学校、佛眼鍼灸理療学校を卒業
整骨院、整形外科、カイロプラクティック、鍼などの治療院に務めた経験を持ち、現在は宇治市で2店舗ののぞみ整骨院グループの統括部長
業界歴23年、宇治市を中心とした地域活動や入社後の技術研修、教育を担当

経歴

  • 2004年11月 入社
  • 2007年10月 のぞみ鍼灸整骨院 伊勢田院 副院長
  • 2010年4月 のぞみ鍼灸整骨院 伊勢田院 院長
  • 2019年7月 のぞみ整骨院グループ統括本部長

資格

実績(講演会)

  • 【講演会】
  • 三重県「のぞみという生き方」講演会、福島県「のぞみという生き方」講演会
  • 【教育機関】
  • ルネス紅葉スポーツ柔整専門学校、大阪ハイテクノロジー専門学校、京都医健専門学校、奈良県立盲学校、黄檗学園、広野中学校、槇島中学校、西宇治中学校、大開小学校、大久保小学校、西大路小学校 他多数

書籍

  • 「のぞみという生き方」‐感謝への想いを土台にして‐全盲の両親の下に生まれ育った経験を書籍化

伊勢田院

大久保院