月~金 9:30~12:30/16:00~20:00
土・祝 9:00~12:30/14:00~17:00

休診日:水曜・日曜

  1. ホーム > 
  2. お悩みの症状 > 
  3. 股関節の症状  > 
  4. 腰の症状  > 
  5. 股関節の痛み

股関節の痛み

こんなお悩みはありませんか?

  • 歩き出しなど、動き出しに痛む
  • 階段を昇り降りすると痛む
  • 股関節を曲げ伸ばしがしづらい
  • 体重がかかると痛む

目次

のぞみ整骨院グループの股関節の痛みの施術とは?

股関節の痛みの原因

1. 筋肉のバランスの崩れ

股関節周囲の筋肉のバランスが悪くなると、股関節の安定性が低下し、痛みが出やすくなります。

特に、大転子、大腿骨、腸骨、恥骨、坐骨などの骨盤周りの骨格が影響を与えます。

 

2. 股関節の炎症

股関節の炎症は直接的に坐骨神経を圧迫することは少ないですが、股関節周囲の筋肉のバランスを崩し、間接的に坐骨神経に影響を与えることがあります。

 

3. 筋肉の疲労や冷え

筋肉の疲労や冷えも股関節周辺の筋肉の痛みの原因となる可能性があります

 

股関節は多くの筋肉で構成され、身体を支える重要な役割を果たしています

股関節の痛みの施術方法は?

股関節は下半身を構成する人体で最も大きな関節です。

したがって、股関節を治療する場合は、腰から足まで広範囲の部位を診ていきます。

なかでも重要なのは、骨盤と大腿部(太もも)です。

お尻の筋肉は大殿筋、太ももはハムストリングスと言われています。

 

当院での股関節の痛みを施術する場合、骨盤の歪みとお尻や太ももの筋肉の状態をまず確認します。

骨盤に歪みがあれば、骨盤矯正を行い、

お尻や太ももの筋肉に緊張があれば、鍼やマッサージで筋肉を緩めていきます。

急性の痛みの場合は、炎症を抑えるトリガーポイント鍼治療が効果的です。

慢性的な痛みの場合、股関節だけでなく腰痛や膝の痛みも併発していることがあります。

その場合、骨盤矯正とトリガーポイントマッサージ、鍼治療を織り交ぜて継続的に治療をする必要があります。

施術後の効果としては、関節の可動域が広がったり、痛みが軽減し、スッキリと姿勢が良くなります。

 

股関節の痛みの治療期間と頻度

急性と慢性、いずれの股関節の痛みも、できるだけ詰めて治療を継続することができたら1~2週間で改善の傾向が現れます。

頻度としては週2回は来院されると改善度は高まります。

3~4週間目以降は、身体のメンテナンスとして週1回、日常生活に支障がなくなれば2週に1回くらい、再発防止で通っていただくことがあります。

継続的な治療で、根本改善を目指します。

 

骨盤が歪むと、股関節を構成する筋肉にも負担を与えます。

座っている姿勢が悪いなど、骨盤が歪んだ状態が長く続くと、お尻のまわりや太ももの筋肉が硬くなっていきます。

とくに、骨盤に付着する太ももの筋肉には大きな負荷となり、それ以上耐えきれないサインとして股関節に痛みが走りだすのです。

股関節の痛みの根本改善をしたい方は、ぜひ当院での治療をご予約ください!

 

本記事の文責

小川由智

三重県志摩市出身
米田柔整専門学校、佛眼鍼灸理療学校を卒業
整骨院、整形外科、カイロプラクティック、鍼などの治療院に務めた経験を持ち、現在は宇治市で2店舗ののぞみ整骨院グループの統括部長
業界歴23年、宇治市を中心とした地域活動や入社後の技術研修、教育を担当

経歴

  • 2004年11月 入社
  • 2007年10月 のぞみ鍼灸整骨院 伊勢田院 副院長
  • 2010年4月 のぞみ鍼灸整骨院 伊勢田院 院長
  • 2019年7月 のぞみ整骨院グループ統括本部長

資格

実績(講演会)

  • 【講演会】
  • 三重県「のぞみという生き方」講演会、福島県「のぞみという生き方」講演会
  • 【教育機関】
  • ルネス紅葉スポーツ柔整専門学校、大阪ハイテクノロジー専門学校、京都医健専門学校、奈良県立盲学校、黄檗学園、広野中学校、槇島中学校、西宇治中学校、大開小学校、大久保小学校、西大路小学校 他多数

書籍

  • 「のぞみという生き方」‐感謝への想いを土台にして‐全盲の両親の下に生まれ育った経験を書籍化

伊勢田院

大久保院