頭痛の種類とセルフケア

 
   

2020年09月19日

宇治市伊勢田町・のぞみ鍼灸整骨院、大久保町・のぞみ整骨院です。

今回は頭痛についてお話しさせていただきます。


皆さんの中にも「こめかみを押すと頭痛が軽減するが、すぐまた痛くなる」
という方がいらっしゃると思います。

それが何故なのかを代表的な頭痛をあげて説明していきます。

まず、頭痛にもいくつか種類があります。
一般的には筋緊張性頭痛、片頭痛、群発性頭痛が有名です。


「筋緊張性頭痛」
頭が締め付けられるような痛みがキッカケなどなく発生し、人によって数十分〜数日間続きます。
長時間同じ姿勢で作業(デクスワーク、スマホの見過ぎ)をしたり、精神的ストレス、背骨の歪みにより、筋肉が過度に緊張したことにで血管を圧迫(拡張)し起こります。


「片頭痛」
脳が外からの刺激(気圧の変化、室内と室外の気温差、喫煙や飲酒)によりセロトニン(脳内物質)が増加し脳の血管が拡張し、血管の周りの神経(三叉神経)を圧迫し起こります。


「群発性頭痛」
アルコールの過剰摂取、タバコ、不規則な睡眠時間などが原因で脳の視床下部という場所が刺激され、目の奥の神経(三叉神経)が痛みを感じ、神経の周りの血管が圧迫(拡張)され起こります。

このように、頭痛には血管の圧迫(拡張)が密に関係しています。
こめかみを押すと頭痛が軽減するのはこめかみ付近の拡張された血管を収縮し、脳に行く血液の量が減少して頭痛の程度が軽減します。
しかし、こめかみをずっとおさえておく訳にはいきません。

セルフケアとしては血管を収縮する必要があるので、冷やしたり、頭に血液が集中しないように趣味に没頭しストレス発散や、タバコやお酒を控えましょう。
食事面では、血管収縮作用のあるカフェインを含む飲み物(コーヒー、日本茶)やマグネシウムやビタミンB2を含むアーモンド、ひじき、豚肉、牛乳をとるようにしましょう。
反対に、オリーブオイルやチョコレート、みかんなどの柑橘類は血管を拡張してしまうので控えましょう。

肩こり、朝起きた時のダルさ、目の疲れなどが頭痛のサインです。


これらが数日続くようならぜひ、宇治市伊勢田町の『のぞみ鍼灸整骨院』、大久保町の『のぞみ整骨院』にお任せください!

皆さんに合った治療方法でお悩みを解決します!


各種SNSでも発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nozomi.sk.group

Instagram

https://www.instagram.com/nozomi_uji/

 

宇治のぞみグループの各ホームページ

こじま治療院(訪問マッサージ・訪問鍼灸)

 

ヘルシースリムのぞみ伊勢田・大久保(体質改善・美容エステサロン)

脳梗塞リハビリのぞみ・京都(後遺症改善リハビリ)

宇治市交通事故治療.com

免疫を高め!自律神経を整える!鍼灸の力

 
   

2020年09月11日

こんにちは!
宇治市伊勢田町ののぞみ鍼灸整骨院と大久保町のぞみ整骨院です!

前回のブログでは、自律神経のバランスが悪くなることによる、
疲れが取れない、身体が重だるく動きたくない、朝起きにくい、めまいがする、顔だけのぼせる。。。
といったあらゆる原因の分からない症状について書かせていいただきました。

今回は、そのような方々のための朗報です。

自律神経が乱れ、いわゆる自律神経失調症と疑われる症状の解決策の一つをご紹介したいと思います。

それは、ずばり「鍼灸」です。

 

古くより中国より伝わり、日本でも進化を遂げ、今、様々な健康、美容分野で注目を浴びている「鍼灸」に、

なんと、『副交感神経を優位にさせる』『自律神経を整える』効果があり、

そこから弱った身体の自然治癒力や免疫力を高め、健康に導く事ができる、鍼灸治療が様々な現代病の治療、がんや難病にも有効的!と研究が進んでおり、効果が世界的にも認められています。

 

WHO(世界保健機関)で認められている適応症だけでも、これだけの症状が鍼灸で効果があるとされているのです。

WHOが認める鍼灸の適応症

【神経系疾患】◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 

東洋医学では、なんだか元気が出ない、だるい、立ちくらみがある、冷えがひどい、疲れが取れない、のぼせたり、息切れがひどい、など、不定愁訴と呼ばれるものを、

「未病」と呼び、「病気になる一歩手前」身体が疲れ果てているよ、という「サインを出している」と考えられています。

 

健康とは、心身ともに健やかな状態 肩こりや、腰痛、身体のだるさであっても、痛みや、ストレスがある状態では、不調を感じ、心が健やかではないのです。

 

「病気」になってしまう前の「未病」のうちに、いつも頑張るご自身を労られることが、あなたの大切にされている方々のためにも、心も身体も健やかでいられる秘訣です。

 

「なんだか不調」を、「自分が我慢すればいい」、「これくらいで、自分は辛抱がたりない」と、頑張りすぎてしまわれないようにしていただきたいです。

 

のぞみ鍼灸整骨院、のぞみ整骨院では、宇治市伊勢田・大久保地域における皆様の健康をお守りするため、古来より受け継がれてきた伝統鍼灸の経験則をもとに、経験豊富な鍼灸師が施術にあたります。

今は感染症拡大における不安もあり、免疫を上げることも注目されています。

今こそ、自分の身体に目を向け、免疫を上げ、自律神経を整える「鍼灸」を受けてみませんか?

 

鍼灸師は、ただ治療を施すだけでなく、問診やカウンセリングも重要視していますので、お気軽にお悩みはご相談ください。

ちょっとしたお身体の心配、お悩みも、宇治市伊勢田町・のぞみ鍼灸整骨院、大久保町・のぞみ整骨院、両院に併設のヘルシースリムのぞみでは、受け付けております! 皆さまに笑顔溢れる日々をお過ごしいただけるお手伝いをさせていただける事が、何よりの喜びです。 お気軽にご相談くださいませ!

 

 

各種SNSでも発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nozomi.sk.group

Instagram

https://www.instagram.com/nozomi_uji/

 

宇治のぞみグループの各ホームページ

こじま治療院(訪問マッサージ・訪問鍼灸)

 

ヘルシースリムのぞみ伊勢田・大久保(体質改善・美容エステサロン)

脳梗塞リハビリのぞみ・京都(後遺症改善リハビリ)

宇治市交通事故治療.com

めまい、のぼせ、重だるさ、疲れがとれない。。。自律神経のバランスが悪くなっているのかも!?

 
   

2020年09月4日

めまい、のぼせ、重だるさ、疲れがとれない。。。
自律神経のバランスが悪くなっているのかも!?

こんにちは!宇治市伊勢田町ののぞみ鍼灸整骨院と大久保町のぞみ整骨院です!

暑さが厳しい日が続きますが、夏バテなどにはなっていらっしゃらないですか?

暑さが続き、

・疲れがとれない

・身体が重だるく動きたくない

・朝起きにくい

・めまいがする

・顔だけのぼせる。。。

など、熱や痛みはないけど、不調が続いていたりはしていませんか??

その症状、実は、自律神経のバランスが悪くなっているのかもしれません!!(いわゆる自律神経失調症)

身体は生命活動を行うために、自分の意識とは別のところで、様々な活動をしてくれています。

そのひとつに、『自律神経』という神経があります。
この、なんとなく聞いたことがあるような無いような神経、実は超重要です!

『自律神経』のバランスが乱れてしまうことにより、
「めまい」や、「のぼせ」、「朝起きにくい」「疲れがとれない」などの不調がおこり、
ひどくなるとお薬が必要なレベルになることも。
そして、さらにひどくなると、内臓機能、循環機能、代謝機能、ホルモンバランスなどにまで影響を及ぼし、重篤な病気や、ガンの原因にもなると研究が進んでいます。

そんな生命活動に超重要な『自律神経』

今から活動するぞ!頑張るぞ!という、仕事をする時や、試合に臨む時など、

ストレスがかかり、緊張する場面に働く『交換神経』と
ひと段落ついてゆっくりしよ、ゴロゴロするぞー、おうちでゆったり♪など、リラックスしている場面に働く『副交感神経』の二つがあります。

この二つの神経の絶妙なバランスにより、身体は『健康』を保ちます。

交換神経が働いている時は、血流が促進され、呼吸も促され、酸素や栄養を筋肉や脳に送り、身体や脳がストレスや、緊急事態に備え、すぐに反応し、身体を動かせれるようにしています。

なので、緊急事態にうんちやおしっこをしている場合ではないので、消化や吸収、排泄といった内臓機能は低下します。

逆の作用を行う副交感神経が働いている時は、血流や呼吸は穏やかになり、内臓機能の働きがよくなります。リラックスモードです。
次の緊張事態、ストレスモードに反応できるようにするために、消化吸収を促し、不要なものは排泄し、細胞を新しく代謝し、傷んだところを修復します。
脳は活動を低下させ、おやすみモードになります。

朝にしっかり光を浴びて『交感神経』を働かせて、これから動くぞー!働くぞー!と身体がすぐ動けるようにスイッチをONにし、夜に、よく働いたから、ダメージを受けた細胞を修復するために、おうちで湯船に入って身体を温めたり、音楽を聴いたり、リラックスすることで、内臓機能を高める『副交感神経』をしっかり働かせ、代謝と修復を行うためにスイッチをOFFにする。
この二つの神経のONとOFFのシステムバランスが保たれていることで、人間の生命活動を健康的に行うことができます。

ですが、現代を生きる私達は、この大切なサイクルが乱れているのがほとんどです。
外では肉体労働や、人間関係のストレス、家でも仕事をしたり、テレビや、スマホの普及、インターネットの普及により、目は常に色んな情報が入り、夜になっても光をたくさん入れてしまい、緊張モード、活動モードの『交感神経が優位』な状態が長く続きます。
一向に脳は休まらず、精神は活動状態なので、なかなか眠れません。寝ても眠りが浅かったりします。
その結果、副交感神経が働かず、内臓機能、代謝機能、修復機能が低下しっぱなしになります。

その状態が続くとどうでしょう?

栄養吸収、消化も正常に行われず、傷ついた細胞の修復もされず、新陳代謝も落ちてしまいます。

栄養が吸収できないので、元気は出ません。
消化しにくくなるので、消化不良を起こします。
代謝されないので、疲労物質は排泄しにくく、新しい細胞は生まれにくくなります。
内臓機能が低下しているので、色んな所に不調が出てきてしまいます。

なので、『交感神経が優位』な状態の現代人には、『副交感神経を優位にさせる』事が、必要なのです。

ご自身でもおうちでリラックスする努力はしてるけど、上手くできない、どうしたら良いかわからない。。。という方はどうしたら良いのか。。。

 

次回のブログでご紹介させていただきます!

ちょっとしたお身体の心配・お悩みも、宇治市伊勢田町・のぞみ鍼灸整骨院、大久保町・のぞみ整骨院、両院に併設のヘルシースリムのぞみでは、常時受け付けております!

皆さまに笑顔溢れる日々をお過ごしいただけるお手伝いをさせていただける事が、何よりの喜びです。

お気軽にご相談くださいませ!

各種SNSでも発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nozomi.sk.group

Instagram

https://www.instagram.com/nozomi_uji/

 

宇治のぞみグループの各ホームページ

こじま治療院(訪問マッサージ・訪問鍼灸)

 

ヘルシースリムのぞみ伊勢田・大久保(体質改善・美容エステサロン)

脳梗塞リハビリのぞみ・京都(後遺症改善リハビリ)

宇治市交通事故治療.com