不良姿勢を改善し腰痛、肩こりを予防するための生活環境!宇治市伊勢田町・大久保町のぞみ鍼灸整骨院

 
   

2014年03月27日

今まで何年もの間、腰痛・肩こりに悩まされてきた皆さん!

運動不足なのは分かってても運動は苦手!姿勢が悪いのは分かっててもついつい背中が丸くなる!

私たちがこの腰痛・肩こりを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?!

腰痛・肩こりの症状をお持ちの方はその大半が運動不足や不良姿勢が原因で起こっています。そして、その運動不足・不良姿勢は普段過ごしている生活スペースの中に原因があるのです。

私たち人間は地球上でどの動物も成し得なかった機能を獲得しました。

それは重力に抗って「二本足でまっすぐ立つ」という機能です。この直立二足歩行を3億8000万年という年月をかけて獲得しました。

私たちの脳は飛躍的に発達し高度な文明を築きあげ現代の便利で豊かな暮らしができているのです。

特に日本は世界で3番目の経済大国となり諸外国と比べて豊かな生活を送っています。その反面便利すぎる今の世の中では歩く以外に移動手段が豊富にあり、家の中でもケータイ電話やリモコン、家電製品など便利な機械で溢れほとんど動かなくても生活が成り立ってしまいます。

もともと私たち日本人は農耕民族です。長い距離を移動できる胴長短足の体型は狩猟民族のように速く走り獲物を捕らえる必要はなく田畑を耕すための柔軟な上下運動を可能にしました。

戦後の日本ではまだ畳の上で過ごす床生活が基本でしたし、トイレも和式トイレしかなく寝るときは布団を敷いて寝て毎日押し入れから布団を出し入れしていました。生活の中に日本人の特性を活かした姿勢を保つための運動がしっかりできていたのです。

では現代人はいかがでしょうか?欧米諸国の文化がどんどん取り入れられソファやベッド、洋式トイレなどが普及し上下運動が格段に減り日本人の長所である柔軟な足腰は失われて行きました。日本人に欧米人の生活環境は残念ながら適していません。

高度成長期以降を境に日本人のほとんどがまっすぐ立つことさえままならないほどに姿勢を保つ機能が失われてしまったのです。

現代の子供たちは昔ながらの日本の暮らしを知りません。和式トイレや黒電話を使ったことのない子供たちばかりです。最近では股関節や足首が硬い子供たち、運動会で走り出した瞬間太ももの骨が折れてしまう子供や授業中に元気よく「はい!」と手を挙げた瞬間に鎖骨が折れてしまう子供も出てきました。

今一度皆さんの生活環境を振り返ってみてください。寝具は何をお使いでしょうか?普段は椅子に座っていますか?床で座っていますか?テレビを見たり本を読んだりしているときは極力動かなくても良いように手の届く所に何でも置いてませんか?

ウォーキングやジョギング、スポーツを始める前に日々の過ごし方を見直して頂くことが怪我を防いだり姿勢を保つ上でとても重要です。

運動が嫌いでも、良い姿勢が意識できなくても少しでも日本古来から続く生活を意識して頂くだけで不良姿勢になったり腰痛や肩こりになる原因はなくなりますのでぜひ参考にしていただきたいものです。

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400 

のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分 駐車場4台あり 0774-39-4154

五十肩の治療にも矯正治療の効果があります。宇治市伊勢田町、大久保町 のぞみ鍼灸整骨院

 
   

2014年03月26日

四十肩、五十肩という言葉を耳にした事はありますよね!?
症状としては肩が上に上がらない、夜中に肩が疼く、動かしても動かさなくても痛みがあるなど様々あります。
腰痛、肩こり、膝痛、スポーツ障害などに次いで4番目~5番目に多い症状がこの五十肩です。

正式名称は肩関節周囲炎。
その名の通り肩関節の周囲の筋肉、滑液包、腱などに炎症がおきている症状です。

五十肩、四十肩といいますが決して肩関節だけが悪いだけでなくその周りにある肩甲骨や胸椎(背骨)に原因がある場合が多いです。
つまり猫背と五十肩は大きな関係性があるのです!!

当院で行っている「のぞみ式瞬間背骨矯正」を行い胸椎を動かすだけで肩関節の動かす範囲が変わることも珍しくありません。
それに加えて肩関節の矯正と肩関節、肩甲骨の関節モビリゼーション、時によっては肩関節のトリガーポイント指針を行えば改善のスピードが速くなり早期回復が見込めます。
速い方では3回ほどの治療で回復することもあります。

もし自分が五十肩かなと思ったときときは簡単にチェックできる方法があります。
それは反対側の肩の動きと比較すればよいのです。鏡の前に立って、両腕を横から上に上げてみましょう。  同じ角度まで上がらなければ、動きの制限があるのです。
それで左右で角度が違うときは一度ご相談ください。

五十肩の治療は早期治療がとても大事です。
痛みをほっておけばおくほど肩関節が前に巻き込んでいき周りの筋肉が拘縮してきて難治の症状に変わっていきます。
もし五十肩でお悩みなら早期治療をお勧めします。
その治療までの期間の速い遅いで治癒速度が変わりますので皆様ご注意ください。

ご自宅では五十肩改善エクササイズをお勧めします。

のぞみ式五十肩改善エクササイズ

・のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

 近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400

・のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

 イオン大久保南へ2分 駐車場4台あり 0774-39-4154

腰痛・膝痛改善 ウォーキングのススメ 宇治市伊勢田町・大久保町 のぞみ鍼灸整骨院

 
   

2014年03月22日

朝晩寒い日もありますが、日増しに暖かくなり春の訪れを感じる今日このごろですね。

今までの寒さで億劫になっていた外出や運動もする機会が増えてくる時期です。・・かといっていきなり激しい運動を始めては、運動不足で冷え固まった筋肉を逆に痛め、腰痛・膝痛の原因になりかねません!

まずは、急な筋力トレーニングをしだすよりもウォーキング(散歩)から初めてみてはどうでしょうか?今まで近場の用事もついつい自転車や車を使ってしまい筋力不足、運動不足だと感じる方ならなおさらオススメです◎

徐々に筋肉を温めて痛みのない体にしていきましょう!

腰や膝が痛くならない、負担をかけない正しい歩き方のコツ!

①歩くときは、足の真ん中の指(第三)を中心につま先からまっすぐに足を出す。

②かかとから着地し、重心をかかとからつま先へ移動する。

③続けて前に出した足に重心を移動しながら、後ろに残った足のつま先で蹴りまっすぐ前に出す。

正しい姿勢で歩けば、足腰に痛みが出ないように負担をかけず、適度な筋肉をつけることが出来ます。それが腰痛・膝痛の改善にも繋がりますよ。

また、腰の痛みや膝の痛みがどうしても辛い…という方は私達に一度お体を診させてください!専門的な知識と技術で対応させて頂きます。

式ホームページにエクササイズを載せております。

ウォーキングだけでなく、軽くストレッチ感覚で体を動かしたい…と思われる場合はこちらを御覧ください。

腰の痛み膝の痛みのページにございます。

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400

のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分駐車場4台あり 0774-39-4154

長距離ドライブによる肩こり腰痛にお悩みのあなたへ 宇治市伊勢田町 のぞみ鍼灸整骨院

 
   

2014年03月22日

春の行楽シーズンがやってきましたね!!

家族や友人とドライブしながらで観光地を巡る方も多いのではありませんか?

そこで長時間ドライブをしている時に運転手の方も同乗者の方も肩こり腰痛を経験されたことのある方も多いのではありませんか?

今回は長距離ドライブ時に起こる肩こり腰痛の原因と対策についてご案内させていただきます。

まず、運転手、同乗者の方に共通する肩こり腰痛の原因は、

シートをたおし、シートに浅く腰掛けていること。

これは、一見楽な姿勢に感じますが、腰が丸くなり腰に負担がかかり続けるため腰痛の原因になります。また、首も前にたおれるため頭を支える肩に負担かかかり肩こりの原因になります。

次に、運転手の方の肩こりや腰痛の原因は、

片手でのみハンドル操作を行うこと。

これは、片手でのみハンドルを操作するときに体が少し半身になり前を見るためにねじりの動作が加わり首、肩、腰に継続的に負担がかかるため肩こり腰痛の原因になります。

そして、長時間ドライブの肩こり腰痛の対策は

シートには深く腰掛けシートを背筋がまっすぐになる角度に調節する。

これにより、乗車姿勢が良くなり首、肩、腰の負担が軽減され、肩こり腰痛の予防につながります。

これをしてもあまり変わらないという方は、座布団やクッションを首や腰の後ろに置いて首、肩、腰の負担を軽減してください。

運転手の方は両手でハンドルを操作し座席の位置は両手でハンドルを持って肘が軽く曲がる位置に、背筋の伸びるシートの角度で運転していただくと肩こりや腰痛を予防できます。

以上のことを参考にドライブを楽しんでください。

当院にお気軽にご相談下さい。

 

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400

のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分 駐車場4台あり 0774-39-4154

 

 

 

 

 

O脚での膝の痛みには正しい姿勢を!宇治市伊勢田町、のぞみ鍼灸整骨院

 
   

2014年03月20日

まず、O脚とX脚がなぜおこるかお分かりでしょうか?

幼いころからぺたんこ座りを続けてきた人がX脚になりやすいように、O脚やX脚の多くは、日常の姿勢や体の動かし方の癖によって作られるといいます。

O脚は、脚に外向きのゆがみがあらわれた状態で、X脚は反対に、内向きのゆがみがあらわれた状態で、脚にかかっている力はまったく逆方向となるから、それぞれのゆがみに合った対策をすることがポイントになります。

その中でもO脚での原因としては3つ考えられます。

①内股

O脚は外股であると勘違いしている方が多いですが、それは大きな間違いです。O脚の原因は内股です。
内股とは足先が内股なのではなく、「股関節」が内側にねじれるクセがついていることを言います。
脚を組んで座ったり、歩き方が内股だったりと長年の生活習慣が股関節のねじれを引き起こしているのです。

②外側重心のクセ

立ち方や歩き方が、足の外側に体重がかかるクセがあるとO脚になりやすいのです。外側ばかりに体重をかけていると内ももの筋力が低下し、脚を引きつけておく力が低下してO脚になりやすくなります。

③骨盤の前傾

脚の付け根の筋肉が縮んでいると骨盤が筋肉に引っ張られて前傾しやすくなります。また、日頃からハイヒールを履いているような立ち方をするクセのある人も同様に骨盤は前傾します。
骨盤が前傾するとお尻や内ももに力が入りにくくなり、膝のお皿が内側を向いたまま脚が伸びきってしまい、脚と脚が離れやすくなってしまいます。

それだけ普段からの姿勢が症状を引き起こしてしまうという事です。

そのままの姿勢で生活を続けると・・・。

膝関節変形症などの症状により、立ち上がりや歩行中などに膝へ痛みを引き起こす原因となります。

運動やストレッチなどで筋肉を鍛えるという方法も考えられますが、先ほども述べたように普段からの姿勢を根本的に治療していく事が大切になります。

本院では、ではその姿勢からおこる歪みを矯正し、ねじれてしまっている股関節を正常な状態に戻します。 「いそがい療法(磯谷式力学療法)」を行っており、骨盤や脊柱のゆがみ、全身のバランスを整えます。またご自宅でのセルフケアの指導も行っております。

お気軽にご相談下さい。

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400

のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分 駐車場4台あり 0774-39-4154

デスクワークやパソコンで腰痛・首、肩こりに悩まされている方へ!宇治市伊勢田町のぞみ鍼灸整骨院

 
   

2014年03月19日

日々患者様を診させて頂いている中で一番多く悩まれているのがダントツで腰痛です。

その次が首・肩の痛みです。それらにも様々な原因があるのですが、今回は疲労によるものについてお伝えしたいと思います。

職場のデスクワークやパソコン作業で一日中座りっぱなしという方が多いでしょう。そしてその弊害で腰痛、首こり、肩こりに悩まされている患者様が本当に多くいらっしゃいます。

たとえ当院で姿勢矯正・骨盤矯正やマッサージ、鍼などの治療をして症状が治ったとしても原因であろう普段からの姿勢を変えないといたちごっこになります。

「何故こんなに辛いのか?」とか「私はこういう体質だから」とおっしゃる方が多くいらっしゃいますが、我々がよくお話を聞いていると、前述しました座っている時の姿勢が悪い方が非常に多いのです。

具体的には「猫背になっている」「アゴをつきだしている」「パソコンやキーボードが正面にない」「イスの高さが合わず足が床から離れている」「足を組んでいる」等でしょうか。

それらを改善するだけでもかなり腰や背中・首・肩にかかる負担は軽減されます。

そしてもう一つ大切なのは長時間のデスクワークの時は20分に一度立ち上がって背伸びやストレッチなどで体をリセットすることをお勧めします。

そうすることによって常に筋肉内の血流も保たれ一日お志事終わりの疲労感が全く違ってきます。

日常の姿勢や動作の中から、体を変えるヒントが多く隠されています。

一度、ご自身の姿勢等のアドバイスもさせて頂いてますのでいつでもご相談ください。

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400

のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分駐車場4台あり 0774-39-4154

肩こりと頭痛の症状による関係性,のぞみ鍼灸整骨院、宇治・伊勢田

 
   

2014年03月19日

・一般的に「肩こり」と言われるものは頭や腕を支える周辺の筋肉の持続的緊張によって筋肉が緊張して、血行不良などがおこる。

それにより末端まで酸素や栄養が届かなくなる為に疲労物質が蓄積してこの刺激が肩こりを起こすと言われています。

主観的にはとしては詰まったような感じ・こわばった感じ・こり感・重苦しさや痛みに至る症候の総称である。

 

・頭痛の95%の原因は肩こり(筋肉)によるものであります。

 一般的には、「緊張性頭痛」、「筋収縮性頭痛」といいます。

 症状の特徴としては、後頭部から首筋にかけて痛みが拡がり頭部の両側に起こることが多くあります。目眩の様なふらつき感を伴う事や、身体のだるさを伴う事があります。

 もう一つ頭痛の特徴を上げれば、痛みがいつまでも続く事。痛みの程度は個人差があり重い痛み、締め付けられるような痛み、刺すような痛みなど様々な種類があります。

 

緊張性頭痛は、頭部を支える筋肉の緊張により血流が悪くなる状態が続き起こります。

 日常生活から頭痛、肩こりを起こす原因の代表例は、長時間のパソコン使用による目の使い過ぎ、同じ姿勢をとる事、寝不足などがあげられます。

 他にも頚、肩を冷やすと筋肉の血流が悪くなる事で頭痛、肩こりの症状が悪化する事もあります。

 

 肩こりがあるのに痛みの自覚がないタイプの方

 そんな方でも頭痛や肩こりを引き起こす原因となる血行不良が起きている事には間違いはありません。急に痛くなってきたり、気が付くと肩こり、頭痛が発症する事もあり、人によっては吐き気さえ模様してしまうこともあります。

病院で検査をして(レントゲン・CTなど)も原因が分からない時は、筋肉による症状は整骨院改善できるため是非記憶の中に留めておいてください

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

駐車場8台完備 TEL0774-41-3400

のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

駐車場4台完備 TEL0774-39-4154

ぎっくり腰と慢性腰痛の違いを知って正しい治療を!宇治市伊勢田町ののぞみ鍼灸整骨院

 
   

2014年03月17日

多くの人が悩みを抱えている腰痛ですが、大きく分けて2種類あることはご存じですか?

いわゆるぎっくり腰と呼ばれる急性腰痛と仕事や日常生活で筋肉に負担がかかり続けて起こる慢性腰痛の2種類です。

これらぎっくり腰と慢性腰痛とでは対処方法が全く違うため、対処を間違えてしまうと逆に痛みを悪化させてしまうこともあります。

特にぎっくり腰はある日突然の激しい腰の痛みで動くことさせ大変です。このぎっくり腰もほかの病気や怪我と同じく早期に治療を始めることが腰の痛みを長引かせない何よりの方法です。

まずぎっくり腰になった直後からできる応急処置をお伝えさせて頂きます。

そのぎっくり腰の応急処置とはズバリ「アイシング」、腰の痛みがある場所を冷やすことです

ぎっくり腰とは足首の捻挫と同じく筋肉の炎症による腰の痛みです。そのためまずはぎっくり腰で痛む患部を冷やし、炎症を抑えることが何より大切です。

このことを患者様にお伝えすると、「腰痛は温めた方がよいのでは」とおっしゃられる方が多いのですが、それは腰の筋肉の凝りや疲労が原因の慢性腰痛の対処方法となります。

ぎっくり腰と違い、腰の筋肉の凝りや疲労が原因の慢性腰痛の場合は腰の痛みを感じる場所を中心に温め、血行を良くして腰の筋肉の疲労や緊張を取ってあげるのが大切です。

しかし、筋肉の炎症によって腰に痛みが出ているぎっくり腰では温めてしまうと逆に腰の痛みを悪化させてしまいます。

ぎっくり腰と慢性腰痛、どちらも腰の痛みという点では一緒ですが、冷やすのか温めるのかで全く違うことになります。

のぞみ鍼灸整骨院では腰痛治療の専門家として、日常から取り組める、予防法や治療法についてもお伝えさせて頂いております。

お気軽にスタッフまでお尋ねください。

公式サイトのぎっくり腰ページ
http://www.nozomi33.com/kosi.html

 

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400 

のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分 駐車場4台あり 0774-39-4154

行楽シーズンまでに膝の痛みを治す! 宇治市伊勢田町 のぞみ鍼灸整骨院

 
   

2014年03月15日

少しずつ暖かくなってきましたね。

春の陽気に誘われて自然と出かけたくなる季節。

しかし、膝に痛みを抱えているとせっかくの行楽もためらいがちになってしまいます。

そもそも何故、膝に痛みがでるのか、原因はどこにあり、どう改善したらいいのか、今回はそんな「膝の痛み」についてお話しさせて頂きます。

◎何故、膝が痛いのか??

年だから? 軟骨が磨り減って骨が変形しているから? 体重が重いから?

違います

答えは筋肉です!骨や軟骨、関節内には神経が通っていません。筋肉に通っている神経が痛みをキャッチして膝の痛みを感じるのです。実際に、膝関節が変形していても太っていても痛み無く歩いている方はおられます。

動き始め、階段の昇り降り、正座、走っている時、様々な膝の痛み方がありますが、どれも痛いと感じるのは膝を支える筋肉です。つまり膝の痛みを感じている筋肉に対して、そこに負担をかけているモノを取り除き、傷んだ筋肉を治せば大概の膝の痛みは治るということです。

また、肥満は直接痛みとは関係ありませんが、膝に負担となる事には変わりありません。栄養バランスを正せば無理なダイエットをせずとも体重は自然と落ちていきます。興味のある方はご相談下さい。

マラソンやジョギングは健康そうに見えますが、実際には身体を消費していくので、この春運動を始めるならウォーキングをお勧めします。

膝の痛みに有効な運動は下記リンクの公式サイトにてご紹介させて頂いておりますのでそちらをご覧下さい。

公式サイトの膝の痛みページ

http://nozomi33.com/hiza.html

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400

のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分 駐車場4台あり 0774-39-4154

肩こりの大きな原因「猫背」姿勢を改善しよう!宇治市のぞみ鍼灸整骨院

 
   

2014年03月14日

今日も外に出ると風が冷たい!寒くてついつい肩がすくんでしまいますね。

今回は現代人にとても多い肩こりついてお話させて頂きます。

まず、肩こりという言葉は日本にしかありません。というのもその語源と言われているのが夏目漱石の小説「門」の中で「肩が凝る」と表現したことから始まったそうです。

現在ではこの肩こりが自覚症状として広く認識されるようになり、その原因究明や解消法などが研究されてきたわけです。

肩こりの症状を持つ患者さんは腰痛に次いで2番目に多く特に女性に起こりやすい症状です。

なぜこんなにも肩こりが増えたのか?その背景にあるのは戦後と比べて現代の生活様式が急激に変化したことにあります。

車や電車や飛行機、エレベーターやエスカレーターなど歩く以外の移動手段が豊富にあり便利で豊かな暮らしになった反面意識して動かないと運動不足になります。

そして、デスクワークが増えたことで長時間座り続けたり家の中でも電話はほとんど携帯電話を使いテレビはリモコンが手元にあれば動く必要がありません。このような現代の生活環境にいる私たちは不良姿勢となる原因で溢れています。

その不良姿勢の代表が「猫背」です。運動不足や長時間同じ姿勢をとることにより姿勢をまっすぐ保つ筋肉が弱り次第に頭を支えることができなくなります。大人になれば頭だけでも5キロから8キロと言われていますから、背筋が伸びずダラッと座っているとバランスをとるため重たい頭が前方にくるので猫背姿勢になりそれを支える首や肩に過度な負担が加わり続け肩の痛みやだるさが生じます。

それだけでなくダラッと座る猫背姿勢では体の前にある筋肉をほとんど使わないためおなか周りの筋肉がゆるみポッコリおなかや腰痛の原因にもなります。

猫背を改善するためには、正しい座り方を習慣づける必要があります。

正しく座るとは骨盤を立てて座る、「シャキッと座り」をすることです。そして下腹部を引き締めるようにお腹の深いところにある筋肉がキュッと縮んだ状態をキープし、背中の左右の肩甲骨を中心に寄せます。

すると、頭は自然と肩の筋肉に負担をかけない正しい位置となります。

正しい姿勢を維持するには?当院ホームページにある猫背改善エクササイズをご覧ください!

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400

のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分 駐車場4台あり 0774-39-4154


1 2