股関節痛

  • 立ち上がり時の股関節の痛み
  • 歩き始めの足の付け根への痛み
  • 股関節の痛みで靴下が履けない
  • 股関がいたくて和式トイレや正座が困難に
  • 寝ていても痛む股関節痛

股関節痛とは

そもそも股関節とは大腿骨の骨頭が骨盤のくぼみにはまり形成している関節です。

股関節は身体の中で一番大きな関節になります。

周りには大臀筋というおしりの筋肉や大腿直筋、腸腰筋、大腿四頭筋、大腿筋膜張筋、という大きな筋肉に囲まれ、足の屈曲・伸展・外旋・内旋が可能となります。

また、連結部分が球状となっているため大きな動きである立つ動作や座る・しゃがみこむ動作、階段の登り降り、歩く動作、また激しい飛ぶ動作や蹴る動作が可能となります。

それだけ動く範囲が多いこの股関節には日頃の生活の中で多くの負担がかかっているのが分かりますよね?

さらに、体重を支えつつ動いてくれますので、ここ最近股関節に痛みがあるなと感じた方、ご自身の体重はどうでしょうか。最近急に体が重たくなっていませんか?体重を見直すのも一つの治療法です。

このような動作の多い関節だからこそ、様々な要因のうち股関節の無理な動きや使い方によって起こる痛みのことをいいます。

股関節痛を引き起こす原因とは

一番は股関節を形成している身体の土台となる骨盤のバランスが崩れることで引き起こされる歪みが原因と考えられます。

根本となる部分が乱れていると身体のバランスが崩れ股関節にダイレクトに重みがのしかかります。すると、関節内でクッションとなっている軟骨がすり減ってしまったり、耐えられなくなり炎症を引き起こされてしまいます。

そして背骨と骨盤のバランスが崩れた歪みによって、股関節の周りについている筋肉に負荷がかかり筋肉は固まっていきます。筋肉の緊張が強くなっていくと、動かす際に股関節の可動域が狭くなるため痛みが出てきます。

それではなぜ人は股関節痛を引き起こす背骨と骨盤の歪みが現れるのでしょうか。歪みを作り出しているのは日頃の生活習慣です。座っているときに足を組んでいませんか?あぐらや足をどちらかの方によせて座っていませんか?立っている時片足重心になっていませんか?車の運転時やデスクワークされているときの姿勢はいかがでしょうか?これらは全て歪みに関係しています。

日頃の癖で作られた動作が今の痛みにつながってきます。一見関係ないように思えますが、その生活習慣が骨盤の歪みを引き起こし、股関節に大きな負荷がかかり痛みをおこしております。

また、男女で骨盤と大腿骨の関節の器の大きさが異なります。

骨盤の形が男女で違うため差が出てくるのですが、男性よりも女性のほうが股関節の器は浅いので補強する筋肉や靭帯に負荷がかかりやすく痛めやすい傾向ではあります。

また、女性は妊娠・出産というとても身体に影響を与え、骨盤にもものすごい力がのしかかります。その際に骨盤は正常の位置よりも大きく外に開くために股関節も外に開かれ周囲の筋肉に影響をあたえます。

そのため、産後のお母さんや女性は男性に比べて股関節に痛みを引き起こす確率が高いと考えます。

宇治市のぞみ鍼灸整骨院での股関節痛の治療方法

当院では、そのような股関節の痛みで訴えて来られる患者様はたくさんおられます。

まずは、股関節の痛みを引き起こしている原因となる背骨と骨盤のバランスを整えるために矯正を行い根本改善を目指します。

そして、身体のバランスを整え元に戻らないお身体を作っていくために、股関節周りのお尻の筋肉や大腿の筋肉を中心に診させていただきます。

また、当院では産後の骨盤矯正も行なっております。

産後のお母さんにも受けやすい優しい矯正となっております。産後でのお悩みで骨盤の開き・歪みや骨盤のぐらつきは股関節にとても大きな負担となりますのでそちらの改善も診させていただいております。

股関節痛は多くの方がお困りで年齢関係なく現れる症状とされています。その辛さ、お困りを解決していくためにも、のぞみ鍼灸整骨院では患者様に寄り添い、一緒に症状を改善していくサポートをさせていただきます。皆様の「のぞみ」を叶えるため、股関節痛でお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽に宇治市の「のぞみ鍼灸整骨院」までお問い合わせくださいませ。