坐骨神経痛

  • お尻から足にかけての痺れる様な痛み
  • 長時間座っていると足が痺れる
  • 前や後ろに体を反らすと痛みや痺れがでる
  • 足の感覚が鈍くなっている
  • 病院で坐骨神経痛と診断され湿布などを貼ってもよくならない

坐骨神経痛の原因とは

 

原因としてはいくつかあります。
・坐骨神経の圧迫
・梨状筋症候群
・腰部脊柱管狭窄症
・腰椎椎間板ヘルニア
・腰椎すべり症
などの原因があります。
この中でも特に多いとされるのが腰椎椎間板ヘルニアが原因で起こるものが約90%と言われています。

腰椎椎間板ヘルニアとは
まず背骨は椎体という骨がいくつも連なってできています。その椎体と椎体の間に骨同士が擦り合わないよう、動きやすくするようにクッション材の働きをする椎間板という軟骨があります。この椎間板が外に飛び出してしまったりすることが椎間板ヘルニアといいます。これが腰部の椎間板で起こってしまうとその近くにある坐骨神経などを圧迫し、坐骨神経痛などを引き起こしてしまいます。

腰部脊柱管狭窄症とは
脊柱管とは背骨の真ん中のあたりにあり、脊髄や神経が通っています。その脊柱管が狭くなってしまうことを脊柱管狭窄症といい、それが腰のあたりで起こることを腰部脊柱管狭窄症といいます。それが発症することで足まで伸びている神経を圧迫してしまい、腰の痛みや足への痺れが起こります。
生まれた時から脊柱管が狭い方もおられますが加齢により背骨が変形して起こることが多いです。
実際に交通事故などに合われ太ももから足まで痛みやしびれを感じるという場合も存在します。
まずは坐骨がどこにあるのかご存知ですか?
坐骨はお尻と太ももの付け根のところにある骨のことです。実際に座った状態でお尻の下に手を入れて左右の手に触れる骨があると思います。それが坐骨です。


坐骨神経痛と言われていますが、この坐骨の部分が痛いというわけではありません。
実際に坐骨神経というのは腰のあたりから足の先まで伸びている神経のことです。
この神経が圧迫されたり、刺激を受けることにより腰やお尻、太ももの裏、ふくらはぎ、足の先などに電気の走ったようなビリビリとした痛みや張るっている感じなどの症状が現れてきます。

のぞみ鍼灸整骨院での坐骨神経痛の施術方法とは

まず坐骨神経痛は適切な対処をすれば早くに改善します。
すべての症状に対してではありませんが、大きな障害がない限りはしっかりと対処すれば改善します。
当院では根本的なところから改善していくため、矯正がメインになります。まずは小林式矯正で背骨の歪みを直し体を元々ある真っ直ぐの状態に戻していきます。それを行っていくことで自分自身の自然治癒力(体が治ろうとする力)を高め、原因となっている部分への負担を和らげていきます。その後マッサージや鍼などを行い局所的に施術を施し痛みを軽減させていきます。