動かす時に関節の音がなるのはなぜ??〜宇治・城陽・久御山・木津川〜

  • 投稿日:
  • by

宇治市で交通事故治療・美容整体・骨盤矯正をしておりますのぞみ鍼灸整骨院です。

 

こんにちは5月末になり暑い日が続くようになりましたね。

 

水分補給はしっかりしていきましょう。

 

タイミングは喉が乾く前がベストとされます。

 

乾いてからでは水分を補給しても体に吸収されるまで時間がかかるので遅いのです。

 

汗をかくと塩分も取ると良いのでクエン酸を摂るのもオススメです。

 

 

さて今回は時々皆様から、音を鳴らすと音がなるのは悪いのですか??

聞かれます。

 

答えは

痛くなかったら大丈夫です。

 

そもそもなぜ関節がなるのかを説明させていただきます。

 

鳴ることに対して様々な説がありその中で有力とされているのが、

 

関節内の液体のある気泡が弾ける音

 

と言われています。

 

 

意図的に関節を鳴らすと周りの筋肉が引っ張られて痛めてしまう可能性もあるので、鳴らすことはお勧めしません。(寝違えなどの可能性もあり)

 

できることはその周りにある筋肉を緩めること、

 

ストレッチをして血行を良くする。

 

歪んでいる体を矯正して正しい位置に戻す。

 

などがありますので気になられる方はご相談ください。

 

 

 

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24−27 TEL0774--41−3400

 

のぞみ整骨院  宇治市大久保町旦椋9-19 TEL0774−39−4154

 



のぞみ鍼灸整骨院公式サイトへ