坐骨神経痛の原因と治療法〜宇治・城陽・久御山・木津川〜

  • 投稿日:
  • by

宇治市で交通事故治療・美容整体・骨盤矯正をしております、のぞみ鍼灸整骨院です。

 

今回は中高年に多い坐骨神経痛に対して載せていきます。

 

お尻あたりから足の先まで痺れや違和感がある。

 

片足だけ力が入れにくい。

 

太ももからふくらはぎにかけて痛みが続く。

 

などの症状が1週間・1ヶ月経っていても症状が改善していないことはありませんか。

 

痺れなどは特に神経症状が関わっていることが多いのですが、座骨神経痛の多くは筋肉による神経の圧迫が原因とされています。

 

他にも脊柱管狭窄症・腰部椎間板ヘルニアなどから原因が様々ありますが今回は筋肉が原因の場合は筋肉による神経の圧迫が原因となります。

 

筋肉によるものは骨盤の歪みや日常生活のくせにより筋肉に負担がかかり乳酸などの老廃物がたまり筋肉が緊張してしまいます。

 

それがつみ重なることにより神経の圧迫をしてしまうことがありそれが原因となります。

 

治療としては筋肉をほぐすことも大切ですが、骨盤の歪みをとることで筋肉にかかる無駄な負担を取り除くことが早期回復につながります。

 

大丈夫だと思ってほっておくと治るのにも時間・お金がかかるので違和感や治りがいつもよりも遅いと感じた際には是非ご相談ください。

 

 

 

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24−27 TEL0774--41−3400

 

のぞみ整骨院  宇治市大久保町旦椋9-19 TEL0774−39−4154

 



のぞみ鍼灸整骨院公式サイトへ